街コンは誰でも気軽に参加することができる地域復興を目的としたイベントです。盛り上がるために様々な工夫がされている街コンが気になっている方もいるのではないでしょうか。気になるだけで参加しないのは非常に勿体ないので、一度だけでも参加してみて雰囲気を確かめてみてください!

人見知りの人が上手く話すコツとは?

人見知りの人が他人とどうしても会話をしなければならない場合、どのような場面でも聞き上手になることと、質問を上手く取り入れることが円滑に会話を進めるコツになります。
慣れてくれば自分から会話を始められるようになり、自信がついてくるでしょう。

会話に苦手意識を持っている人が聞き上手になるには、相手の話をよく聞くことに集中すると良いでしょう。
また、自分の話をする必要はありませんが、適度に相槌を打って自分が相手の話を聞いていることを示す必要はあります。
全く何も言葉を発しないことに不安を感じる人は、相手の話の中で興味を持った内容を質問してみると良いでしょう。
聞き上手に慣れてくると、相手がどのような話をしているのかじっくり観察することができるようになります。
良い印象を持った話し方などを自分でも取り入れられるようになって会話の進め方がわかるようになり、自分も会話に自信が付きます。
聞き上手になることは、人見知りの人が会話を円滑に進められるコツの中でも最初のステップだと思います。

初対面で自分から話しかけなければならない場合は、まずは共通の話題からスタートすることが会話を円滑に始めるコツになります。
共通の趣味の集まりやビジネスシーン、結婚式の披露宴などで同席した相手であれば、共通の話題がたくさんあるかと思います。
ただし人見知りの人の場合は、最初の会話のきっかけさえ掴めば、後は相手が話してくれることも多いので、相手の話を聞いたり質問をしたりすることに徹しても問題ありません。

また、初対面の相手について何の情報もない場合や、どのような状況の方かを推測することが難しい場合もあります。
天気の話題やその日に相手が着ている服装や持ち物を褒めたり、ブランド名や購入したお店、好きな色などを質問したりすると円滑に会話が始まることがあります。
ただし場合によっては、相手も人見知りで自分のことを詳しく話したくなかったり、そのような話題には興味のない人もいます。
しかしたら短い返答で終わってしまったり、あまり良い反応が返ってこないこともありますが、たまたまその話題が相手が興味がなかっただけかもしれません。
そのような時は不安を感じて苦手意識を持たずに、相手が話し始めるのを待ってみると良いでしょう。

人見知りの人にとっては、会話をすること自体が不安の連続ではありますが、聞き上手になって経験を増やすことで自信がつき、苦手意識もなくなることでしょう。